2010年01月30日

米軍ヘリパッド問題 国が反対派の妨害禁止求め提訴(産経新聞)

 政府は29日、米軍北部訓練場の一部返還に伴う沖縄県東村のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設問題で、建設に反対して座り込みを行った住民2人に対し、通行妨害の禁止を求める訴訟を那覇地裁に提訴した。地裁は昨年12月、建設反対の抗議行動に妨害行為があったとして、住民2人に通行妨害禁止を命じる仮処分を決定した。ただ、住民側が本裁判で争うことを求め不服を申し立てたため、地裁は提訴を命じていた。

【関連記事】
ヘリパッド移設で住民2人の座り込み禁じる 那覇地裁
移設現場の周辺を視察、ヘリパッド仮処分で裁判官
施政方針演説で首相「批判覚悟で思い切って」
「現実的には難しい」 辺野古移設で沖縄知事が表明
内閣官房が沖縄連絡室 社民が「平野発言」に抗議

在外公館の文書開示遅れ、やむを得ない…仙台高裁(読売新聞)
<協会けんぽ>10年度の保険料率大幅上昇、地域格差も拡大(毎日新聞)
猪口氏ら7人、自民追加公認(産経新聞)
【十字路】朝青龍関をモデルにした仏像に願いを込める「願文」(産経新聞)
全焼の車そばに1遺体(産経新聞)
posted by オオシタ トシユキ at 13:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きょう元事務長の控訴審判決=一審無期、死刑適否が焦点−岐阜6人殺傷・名古屋高裁(時事通信)

 岐阜県中津川市で2005年2月、一家6人を殺傷したとして殺人と殺人未遂の罪に問われた同市老人保健施設の元事務長原平被告(62)の控訴審判決公判が26日、名古屋高裁(片山俊雄裁判長)で開かれる。無期懲役とした一審判決に対し、死刑を求刑した検察側、量刑不当とした弁護側双方が控訴していた。
 一審では刑事責任能力が争点だった。岐阜地裁は昨年1月、完全責任能力を認めたが、母親との確執で追い詰められた末の一家心中だったことなどを考慮し、死刑を回避した。
 控訴審で検察側は「親族5人を殺害し、1人に重傷を負わせた凶悪重大事犯。遺族には極刑を望む者もおり、無期懲役は著しく軽い」として、改めて死刑を求めた。
 弁護側は「被告は心神耗弱状態で、限定責任能力しかなかった」と主張。「完全責任能力があったとしても、うつ病などのため、一家心中しかないとの考えに縛られていた」などと述べ、有期刑が相当としていた。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
死刑求刑の元組幹部に無期判決=男性2人死なせ埋める
オウム新実被告の死刑確定へ=「実行者、重要な役割」
中国籍の女に死刑求刑=夫と替え玉3人殺害で検察側
住宅で練炭心中か=3人死亡、1人重体

<少年院改革>有識者会議が初会合 広島の事件受け(毎日新聞)
小沢氏が「世界の注目指導者」第3位(スポーツ報知)
刑事補償請求、来月4日に決定=横浜事件の免訴判決で−地裁(時事通信)
稲嶺氏当選「日米関係にさらなる緊張」…米紙論評(読売新聞)
東京・江戸川区の郵便局に強盗、500万奪う(読売新聞)
posted by オオシタ トシユキ at 04:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。