2010年02月11日

エルニーニョ、春から夏に終息へ=冬の気候、影響弱く−気象庁(時事通信)

 気象庁は10日、太平洋赤道域東部の海面水温が高くなるエルニーニョ現象が、春から夏の間に終息する可能性が高いと発表した。春にかけては海面水温が高い状態が続き、その後次第に基準値に近づくと予測している。
 エルニーニョが発生している冬は、日本では暖冬で降雪量が少ない傾向がある。地球環境・海洋部気候情報課は「1月前半は寒気が入って気温が低い日もあり、典型的なエルニーニョの影響はなかった。あったとしても弱い」としている。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ウェザーフォト・気象の写真
退役「しらせ」、環境基地に=海自横須賀基地を出港
排出量取引、来年にも関連法=温暖化基本法案の全容判明
鳩山首相、「持続可能な開発」で受賞=温室ガス25%削減目標が評価
国内削減15%以上を提示=温暖化対策行程表を議論

岐阜市長選 現職の細江茂光氏が4選果たす(毎日新聞)
<出題ミス>関西学院大学の入試「日本史」で 正解が二つ(毎日新聞)
丸ノ内線運転見合わせ…ホームドアにトラブル(読売新聞)
小沢氏不起訴で首相「責めは感じるべき」(読売新聞)
ドトールコーヒーにタクシー突っ込む 京都、4人けが(産経新聞)
posted by オオシタ トシユキ at 03:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。